新着情報(どこかのページは毎日更新)

 RSS

石原小キャラクター完成

平成29年9月30日(土)運動会にて石原小のキャラクターが誕生しました。
名前は「いしわラッコ」です。よろしくお願いします。
 
 全校児童にデザインの募集をし、最終的にはいくつかのデザインを組み合わせました。体は石でできており、ラッコがベースのデザインです。大好物のホタテ貝は、防犯ベルになっています。笑っている「石」・「原」の漢字を両手に持っています。
 どうぞ、よろしくお願いします。
 

お知らせ

すぐメール登録
 すぐメールの登録方法を上記バナーに新設しました。まだ、登録がお済みでない方や、兄弟姉妹のいらっしゃる方で、お子様すべての学年で登録がお済みでない方は、早急に登録をお願いいたします。
 今年度、個人情報保護の為、学級連絡網を廃止しましたので、メールの登録をお願いいたします。
 

平成28年 文部科学大臣表彰

 

オンライン状況

オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人

カウンター

COUNTER1248588

アクセスカウンター(~H28)

1763636

彩の国教育の日

石原かるたとは?

石原かるたとは?

石原かるたで学ぼう! ~石原地区の秘密~

 みなさんは石原小学校区の郷土かるたを見たことがありますか?このかるたには、名所旧跡歴史上の人物など、石原地区に関することが盛りだくさん!これから、石原かるたを使って、石原の秘密を探っていきましょう!

 

○どうやって作られたの?

 石原小学校第21代田尻悟校長先生が発案して作成が始まりました。PTAの方や自治会長さん、各御家庭などに協力をしてもらい、どんなかるたにするか検討がくり返されました。そして数多くの応募の中から、条件を満たした46文字分の読み札が揃いました。絵札は当時の4~6年生によって書かれたのですよ。こうして約3年の年月をかけて、石原小学校区の郷土かるたは完成しました。

 

石原学のページ

石原学
12
2021/09/03

石原かるた「う」

| by 職員室

~神社・お寺編~

「う」「馬次郎」と 言われる稲荷は 大原稲荷

 慶長年間(1592年)、地元の篤志家とくしか「馬次郎」が京都伏見稲荷より寄進きしんして「大原馬次郎稲荷」と呼ばれるようになりました。現在の社殿は、昭和8年に竹井家14代当主
竹井澹如たけいたんじょ氏が建て替えたものです。



15:53 | 投票する | 投票数(2)
2021/09/02

石原かるた「を」

| by 職員室

「を」旅人を ひと息させる 一里塚

 江戸幕府は慶長9年(1604)道中の目印として、中山道の一里(4㎞)ごとに塚を設け、榎の樹を植えさせました。石原では新島の旧中山道に一里塚があります。ここの樹は樹齢300年以上ですが、なぜか榎ではなくてけやきです。


 

 石原地区周辺は交通の便が良く、とても便利ですね。今は路線や道として使われていない場所も多いですが、跡地を訪ねてみると、昔からのなごりが残っていたり、看板が建てられたりしていますよ。ぜひ、確かめに行ってみてくださいね!


16:33 | 投票する | 投票数(3)
2021/08/25

石原かるた「は」

| by 職員室

「は」廃線の 妻沼線あと かめの道

  東武熊谷線(通称妻沼線)は、太平洋戦争中に太田の中島飛行機株式会社の従業員と資材運搬のために、鉄道建設の計画をしました。そして、熊谷~妻沼間が昭和18年12月に完成開業しました。続いて、利根川鉄橋の工事に取り掛かりましたが、20年8月、終戦のため工事は中断されました。

  開業当初は、旧式の長い煙突のSLで、力が弱く、高崎線を越すための土手の傾斜が登り切れないほどでした。そのため、いったんバックし、助走をつけてから登りなおしていたことから、かめ号の愛称で呼ばれることとなりました。

  昭和29年にディーゼルカーに切り替え、スピードアップとサービス向上に努めましたが、乗客の減少で、昭和58年5月末をもって東武熊谷線は40年の歴史に終止符を打ちました。

  現在、レール敷地は、熊谷市、妻沼市に無償貸与され、かめの道公園や市道として利用されています。




17:25 | 投票する | 投票数(5)
2021/08/19

石原かるた「つ」

| by 職員室

「つ」通勤の 人でいっぱい 高崎線

  明治14年に日本最初の私鉄会社日本鉄道株式会社が設立され、明治16年7月に上野熊谷間が開通、同17年5月に上野高崎間が全通しました。明治39年に国有化、昭和23年に公社化、さらに昭和62年に分割民営化されて、現在の東日本旅客鉄道(JR東日本)となりました。最初はSLでしたが、昭和27年に電化され、通勤・通学の貴重な足になっています。




14:18 | 投票する | 投票数(4)
2021/08/18

石原かるた「ち」ちちぶ道

| by 職員室

「ち」ちちぶ道 三本並んだ 道しるべ

  ちちぶ道は、石原の地で中山道から分岐しています。分岐点近くのかめの道公園に、三本の古い道しるべが建っています。左がちちぶ道の道しるべ、真ん中は秩父観音巡礼案内、右は宝登山道の道しるべです。




13:20 | 投票する | 投票数(3)
2021/08/15

石原かるた「え」秩父線

| by 職員室

「え」駅名に 「いしわら」の文字 秩父線

  明治32年上部鉄道株式会社設立、同34年10月に熊谷~寄居間が開業されました。石原駅はこの開業の時からありました。大正5年秩父鉄道株式会社に社名変更しました。昭和3年3月三峰口まで延長、秩父鉄道の路線は、羽生~三峰口となりました。昭和8年4月に鎌倉町駅を開業、同年7年に上熊谷駅に改称しました。昭和63年には、熊谷市で開催されていたさいたま博に合わせて、SLパレオエクスプレス号の運転を開始しました。




16:40 | 投票する | 投票数(4)
2021/08/12

石原かるた「い」中山道

| by 職員室

~交通関係編~

「い」一番街 むかしなつかし 中山道

  中山道は京都と江戸を結ぶ重要な街道で、熊谷の商店街は中山道(国道)沿いに発展しました。終戦後の戦災復興計画で、熊谷寺前から西の17号国道は、新しいルートになり、旧中山道は一番街などの商店街になりました。




19:56 | 投票する | 投票数(5)
2021/08/11

石原かるた「ら」気象台

| by 職員室

「ら」雷雲に 予報気になる 気象台

  明治になって生糸の輸出が盛んになり、関東地方をはじめ、全国的に養蚕農家が増え、熊谷周辺でも桑の栽培が増加しました。この時農家が困ったのは、霜による桑の被害でした。埼玉県では霜による被害を防ぐため、降霜の予報を流すべく養蚕の中心地の熊谷に、明治29年に熊谷測候所を設立しました。

  現在は気象観測、天気予報、指定河川洪水予報、地震の震度測定など、毎日の生活に欠かせない情報の発信基地になっています。

 



  みんなもよく知っている施設がたくさんありましたね!知っていたことはありましたか?反対に知らなかったことはありましたか?お家の人にクイズを出してみてもいいですね。


15:07 | 投票する | 投票数(5)
2021/08/09

石原かるた「ゆ」児童館

| by 職員室
「ゆ」友情も 夢も育つよ 児童館

  石原婦人児童館は、中に石原公民館もあり、地域の人たちの活動拠点となっています。




20:04 | 投票する | 投票数(4)
2021/08/08

石原かるた「り」交番

| by 職員室

「り」立派だな 交番勤務の 警察官

  桜町にある中央交番の警察官は、管内パトロールや、交番を訪ねてきた人の相談にのるなど、地域の人たちの安全・安心のために、日夜活躍されています。

 ☆交番の建物は、うちわ祭りの山車の形をしています。




12:11 | 投票する | 投票数(7)
12

校章

 

石原小学校の校章は、その学校名の通り、献上米としての
石原米の稲穂と「石」という字でデザインされています。
 

お知らせ

石原学

 石原小学校区の地域の歴史や名所など 子供たちに伝えた石原を勉強していきます
 地域の方々と一緒に学んでいくのが石原学です

熊谷学

 熊谷の歴史や名所などを学びます。子供たちと「ふるさと熊谷」を学び、郷土愛を
 はぐくんでいきます。

 現在準備中です。

 具体的な活動
  石原かるたの活用 石原地区の名所や 昔話を教材化して 子供と石原について学んでいきます。総合的な学習の時間や社会を中心に学んでまいります。地域の方々ととともに活動できればと考えています。