新着情報

 

お知らせ

写真で振り返る150周年

写真振り返る >> 記事詳細

2021/08/25

昭和28年 保健教育

| by 職員室
2021/08/25

昭和28年 保健教育

| by 校長
 昭和28年 石原小学校では第2次世界大戦後の日本の学校での「保健教育」に取り組んでいました。

今でも学校保健委員会をやっていますが、このときから様々な保健教育が行われはじめました。

いまでは 当たり前の眼科検診

内科検診

検便 マッチ箱にとっています。

学校の清掃も保健教育の一環でした。

完全給食という名前もあります。学校で昼食を全部だすということが完全給食です。栄養をとるという教育でした。
この頃に保健教育としていろいろなことが学校で行われるようになっています。

11:21 | 投票する | 投票数(1)

150周年ニュース

150周年ニュース
2022/03/31

新井民男先生から寄稿

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
新任着任後2年目の火災
     昭和47年当時担任の先生 新井民男先生
 昭和46年4月、石原小に新任として着任しました。5年6組の担任、私と一回り違う同じ干支(子年)の児童たちでした。翌年持ちあがりで3号棟3階の6年6組その年の6月朝4時過ぎに電話。学校が火事の報、すぐ学校へ。つくとびっくり子でも出ませんでした。校舎がない焼け跡。挨拶する間もなく後始末に奔走。その時の先生方の形相は忘れられません。しばらくして燃え残った教室に全職員が集合し、神沼校長からのことば。校長の冷静沈着な態度や言葉に「よし!」という気持ちが沸き起こったことを覚えています。当日は宿直が命じられ、面先生と保健室で過ごしました。次の日からは体育館を仕切って教室を作ったり、焼け跡の後片付けをしたり等々作業。そして神沼校長、有泉教頭。職員一丸となり不自由な環境にもめげず児童の学習指導にとりくみました。

17:08 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2022/03/18

加賀崎校長先生からの寄稿

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
 読書好きな伝統の中で
          第20代 校長 加賀崎公子
 開校150周年誠におめでとうございます。私が石原小学校に在籍当時に130周年を迎えました。ちょうどこの年に、熊谷市では特色ある取り組みを計画している学校にその活動に必要な費用をだしてくださるという内容の募集がありました。読書好きの児童の多い本校では「全校児童に本をプレゼントしてください。そうしたら全校で本を交換し合って、友達の輪を広げます。」という内容で応募したところ取り上げていただきました。千人を超える児童に一人一冊ずつ、自分の好きな本をプレゼントしてくださったので。本の贈呈式には市長さんもおいでいただき、130周年記念式典も同じ日に実施しました。現在使われている校旗は、この時PTAから寄贈していただいたものです。読書好きの伝統の中で、学ぶ児童の皆さんが本を通して、大きく成長していかれることを期待しております。

12:54 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2022/03/14

飯田校長先生からの寄稿

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
強く 正しく 睦ましく

          第24代校長 飯田明彦
 石原小学校の創立150周年、誠におめでとうございます。私は、石原小のすばらしさは校訓「強く 正しく 睦ましく」が息づく子どもたちとそれを支える保護者、地域の皆様の姿にあると思っています。学習に真剣に取り組む姿、規律ある態度、どこでもだれとでも交わされるあいさつ、思いやりの心と行動。「積み重ね つみ重ねても またつみかさね」内藤博士が手計算を積み重ねて設計した東京タワーの美しさが石原小の姿に重なります。
 在籍した5年間、不幸な事件も起こりましたが、子どもたちは全てのことを力に成長していきました。ささやかではありますが、1つの歴史を積み重ねられたのではないかと思っています。地元の石原小教育に携われたことを誇りに感じるとともに支えてくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。石原小の更なる発展を祈念しております。

16:07 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2022/03/07

田尻校長先生からの寄稿

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 祝 開校150周年
        第21代校長 田尻悟
 開校150周年、謹んでお祝い申し上げます。私の在任は退職前の平成17年4月から平成20年3月までの3か年でした。
 職員はもちろんですが、PTA,そして地域の皆様に支えられ、何とか大規模校での職務を遂行できました。感謝の気持ちで一杯です。
 特に記憶に残る2点について記します。
 まず、学校が文教地区にあり、教育環境に恵まれていました。一つの中学、2つの高校が隣接しており、写生会、音楽会、陸上記録会等で交流し連携が図れました。子供たちに実体験を積ませられ、自立への一助になりました。この環境と保護者の協力が、3年間、不登校ゼロにもつながったようです。
 2つ目は郷土愛、古里意識を育もうと。地域の方や子供たちと石原かるたを作成したことです。カルタ大会も行なわれ、生まれ育った地域を意識し、身近なものになりました。石原小の益々のご発展を祈念いたします。


14:37 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2022/02/26

浅見元校長先生からの寄稿

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
第22代校長 浅見信行先生から寄稿をいただきました。

150周年おめでとう!
          第22代校長 浅見信行
歴史を刻み、輝かしい記念の年を迎え、誠におめでとうございます。私は、平成20年から情熱ある教職員と子供達には、「返事 あいさつ あとしまつ」をキャッチフレーズに4年間お世話になりました。特に、新体育館の建設では、設計から細部の要望を聴き入れてもらい地域に誇れる重層の体育館を建設していただきました。また、当時の会長さんと相談し「おやじの会」を設立いたしました。開設時100名以上のお父さんの協力の下、数々の奉仕作業やサマーキャンプの企画運営、お母さんの応援でのカレー作り、手打ちうどん体験と盛りだくさんなイベントで思い出を得る事ができました。更に、印象に残っているのは暗唱学習です。毎休み時間、校長室が発表の児童で満室だった記憶が蘇ります。今後とも、地域と歩んだ歴史をバネに、特色ある地域の学校として進むことを願っています。


15:35 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2022/02/23

来間元校長先生からの寄稿

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 歴代校長先生に150周年を迎えることをお手紙で知らせ、寄稿をお願いしました。
第17代 来間平八校長からお手紙をいただきました。




当時の石原小
             第17代校長 来間平八
 石原小には、教頭4年、校長3年の計7年勤務しました。昭和58年に教頭として着任したときの石原小は児童数1540人を数える大規模校で県北(秩父、児玉、大里、北埼)で最大のマンモス校でした。各学年とも7学級ずつあり先生方も五十余人の大世帯で、職員室が密集状態でした。
 石原小は昔からの伝統校で先生方も意識が高く、研究や実践に積極的に取り組む風潮がありました。その1つが長年続けてきた一人一研究で、年度末に各自の研究成果をまとめた研究集録を残してきました。
 4年間他に出向してから校長として戻ることができましたが、校風が以前と多少異なったように感じ、少し淋しい思いがしました。しかし、伝統校としての誇りは保ち続けたと思います。個人的には校歌碑を作り残せたことが記念の思い出になっています。


 ※ここで書かれている一人一研究は令和2年度までにも作られています。令和3年度も作成中です。





16:46 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)

校訓書道展「強く」

校訓書道展「正しく」

校訓書道展「睦ましく」

石原小キャラクター完成

平成29年9月30日(土)運動会にて石原小のキャラクターが誕生しました。
名前は「いしわラッコ」です。よろしくお願いします。
 
 全校児童にデザインの募集をし、最終的にはいくつかのデザインを組み合わせました。体は石でできており、ラッコがベースのデザインです。大好物のホタテ貝は、防犯ベルになっています。笑っている「石」・「原」の漢字を両手に持っています。
 どうぞ、よろしくお願いします。
 

明治時代「90年のあゆみ」より

明治時代

昭和38年発行 「90年のあゆみ」より(新島秀一校長時代)

明治時代

誕生
 石原東小 石原西小 時代

 石原村の記録(武蔵国郡村誌)によると
 「1つは村の東方にあり、1つは真宗寺を仮用す 生徒 男 104人 女20人」

 東は松岩照れないの民家を仮校舎として 石原東学校 明治7年5月
 西は真宗寺の本堂を仮校舎として    石原西学校 明治6年12月21日

 が誕生したそうです。


 明治7年 石原村人口1031人 学齢児童 246人 そのうち50人が就学
      (小学校にかよえる年齢の児童は246人だが50人だけが実際に通っていた)

 明治10年の記録
      石原村人口1632人 就学児童100人  100分の40の就学率 
      未就学の児童もたくさんいた。

 明治22年 石原村 熊谷宿と合併 熊谷町となる 当時は熊谷宿との合併に反対 
      石原小学校が熊谷学校の分教場になる
 明治23年5月16日
      石原小学校の独立 石原地区民が請願 
      熊谷町外一か村組合立第2区石原尋常小学校 
      独立の日を開校記念日5月16日とする。

 明治27年10月 文部大臣 侯爵 西園寺公望 が学校視察 実筆の額寄贈 校長室に展示




 
 明治35年 石原尋常小学校 中央校舎 4月起工 10月16日落成

 明治37年 卒業生心得
      
       初代 田島辰五郎校長

 明治40年 小学校が6カ年となる。

 明治42年 校舎増築


教科書
   明治当初 民間の編集によるもの
   
   明治36年 国定教科書制度 当時の教科 修身(道徳)小学校読本(国語) 書き方手本(書写) 算術書(算数) 日本歴史(社会) 地理(社会) 小学毛筆画手本(図工)小学鉛筆画手本(図工)

大正時代
 
 大正5年 校舎増築 高等小学校が併設 農業科も設置 

 大正6年 学童保護会  就学困難な児童の援助する意図で設立
 
 大正8年 商業科の設置

 大正13年 身体検査実施

 大正14年 石原小学校保護者会発足 児童成績展覧会実施
      農業科廃止
      児童数増加で教室不足深刻化 校舎増築
昭和時代 昭和38年まで「90年あゆみ」より

 昭和2年 初代校長田島辰五郎誌の石碑が建てられる 在籍35年
      田島辰五郎先生謝恩会で石門を寄付

 昭和3年 手工室増築 職員室増築

 昭和8年 熊谷市市制施行 熊谷町立石原小学校→熊谷市立石原小学校へ

 昭和10年 新校舎設立 特別教室 5訓の森 唱歌室設立

 昭和16年 石原小学校→石原国民学校
 
      教科 国民科 理数科 体練科 芸能科 実業科
  
      平出大佐の揮毫額 一条実孝公爵の揮毫額

 昭和20年 熊谷西国民学校(熊谷西小学校)に教室を貸す 
      西小学校が空襲で焼けて分散8教室を貸す 2部授業実施 クラスを圧縮

      戦後 石原国民学校→石原小学校

 昭和22年 熊谷南小学校独立 荒川区児童200名を南小学校へ転籍
      給食実施

 昭和24年 給食調理室完成 

 昭和32年12月20日 普通教室の不足 特別教室皆無のために地区民の熱意と関係者の努力で
          3階建て普通教室9室の鉄筋コンクリートの校舎完成→現在の 3号棟

 昭和35年 初代プール竣工
      特殊学級(特別支援学級)設置

 昭和38年の学校「90年のあゆみ発行当時の学校」

      体育館用地の拡張 初代体育館のための用地拡張
  
      視聴覚施設の充実
      ホームラジオ3台 21インチテレビ1台 19インチテレビ5台 16ミリ映写機
      8ミリ映写機 幻灯機 紙芝居

      全校児童1544名 クラブ 読書 化学 器楽 家庭科 書写 歌唱 図工 体育

      JRC活動

      児童則(くらしのきまり)


 

フォトアルバム

作り替えられた校歌 (石原小学校→国民学校→小学校)

作り替えられた校歌 (石原小学校→国民学校→小学校)

 第2次世界大戦中 学校が国民学校になった時期がありました。校歌の制定は昭和3年で戦前ですが、国民学校になったとき 石原小学校と歌われていた部分の歌詞とメロディが書き換えられたそうです。これについても 学校沿革誌にでてきました。「いしわらしょがっこう♬」 が「 いしわらこくみがっこう♬ 」となっています。メロディは国民学校の方は最後が上がって士気の向上を図っていたようです。これは私の母も言っていました。(私の母親は石原小学校の卒業生でした。)かつて 私が教諭時代に石原小に勤めていたときに、平成3年の石原小誕生日集会で、集会委員会の児童と一緒に劇を作ったときにこの逸話を劇にしたことがありました。そのときの証拠が学校沿革誌に残っていました。
 
 
 

卒業生昭和55年度~令和2年度まで

卒業生昭和55年度~令和2年度まで
 

歴史年表



歴史年表
 

石原小学校児童数の変化

児童数の変化 明治31年から
 

思い出の写真

思いでの写真
2021/10/07

150周年 実行委員会(組織)を立ち上げます

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 石原小学校150周年に向けていろいろと準備を進めていく予定です。
PTA関係、親友関係、地域関係の方々、卒業生の方々などお世話になりたいと考えています。

 事業としては
 1 150周年の記念に 歴史を振り返り 歴史を知る。知らせる。
 2 区切りとしてお祝いをする。
 3 お祝いの準備をする中で児童が石原小学校や未来への夢や希望を持つ
 4 活動を通して、人と人がつながっていく。
 5 これからの石原小の発展につなげていく。

 といった内容を考えています。
 PTA会長さんと PTA本部から発信していきますのでご協力いただける方を募集します。よろしくお願いします。
08:02 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2021/09/24

思い出の写真 3号棟建築中 6人組

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
 学校のHpに150周年に向けて写真を掲載していたところ情報を揚げてくださいました。
児童の夏休みの日記におじいちゃんに聞いて書いてあったのを 今日、児童本人が持ってきてくれました。


 今回はこれです。児童の祖父の方が学校のHPを見てくださっていて、この写真の中の後ろの右から2番目の子をみて「この子は友達ににている」と教えてもらったそうです。この写真の6人は3年3組の学級委員6人だったそうです。この6人のことが判明しました。なんだかかっこいい6人組で、配置も素敵な写真です。当時の担任の先生は今地元でお店をやっているようです。
13:07 | 投票する | 投票数(14) | コメント(0)