新着情報(どこかのページは毎日更新)

石原小キャラクター完成

平成29年9月30日(土)運動会にて石原小のキャラクターが誕生しました。
名前は「いしわラッコ」です。よろしくお願いします。
 
 全校児童にデザインの募集をし、最終的にはいくつかのデザインを組み合わせました。体は石でできており、ラッコがベースのデザインです。大好物のホタテ貝は、防犯ベルになっています。笑っている「石」・「原」の漢字を両手に持っています。
 どうぞ、よろしくお願いします。
 

お知らせ

すぐメール登録
 すぐメールの登録方法を上記バナーに新設しました。まだ、登録がお済みでない方や、兄弟姉妹のいらっしゃる方で、お子様すべての学年で登録がお済みでない方は、早急に登録をお願いいたします。
 今年度、個人情報保護の為、学級連絡網を廃止しましたので、メールの登録をお願いいたします。
 

平成28年 文部科学大臣表彰

 

オンライン状況

オンラインユーザー11人
ログインユーザー0人

カウンター

COUNTER772248

アクセスカウンター(~H28)

1287296

彩の国教育の日

校長室カウンタ

COUNTER49119

校長室より

校長室より >> 記事詳細

2020/12/03

6年生修学旅行お礼の手紙

| by 校長
 6年生の修学旅行は10日前に終わりましたが、そのあとにまとめの学習をしています。特に協力してくださった方々へのお礼の手紙を6年生全員でまとめていました。

 内容を読ませていただくと、単なるお礼ではなく6年生なりの学びのあとがたくさん感じられました。その文を読んでいるだけで6年生の旅行に対する思いを感じることができました。良い学びをしていました。この言葉が協力してくださったみなさんへ届けばと思っています。

これらを早く届けたいと思っています。



一部 内容を紹介します

熊谷青年会議所の皆様へ
11月20日の修学旅行ではありがとうございました。コミュニティ広場で一緒に写真をとったり、鉛筆や缶バッチをもらったり青年会議所の皆様のおかげで修学旅行がとても楽しくなりました。この修学旅行で熊谷のことを知り、もっと熊谷のことが好きになりました。たかあきさんはじめ青年会議所のみなさまが優しく声をかけてくれたのでとても楽しく修学旅行が過ごせました。ありがとうございました。

 青年会議所の皆様へ
 今回は私たちの修学旅行に協力していただきありがとうございました。コミュニティ広場では「ラグビーバッチ」をいただいてよい思い出になりました。妻沼聖天様では私たちのために雪くまをつくっていただき「雪くまはこんなにフワフワで果肉たっぷりのソースを使っているんだ」と驚きました。私は雪くまをたべるのが初めてだったので、雪くまの味を教えていただきありがとうございました。これからも熊谷市の良いところを様々な人に伝えてください。

 石原区の皆様へ
 11月20日は石原小学校のために協力してくださりありがとうございました。私がとてもうれしかったのは「屋台」に乗れたことです。私は高いところがとても苦手たっだけれど上についたときはすごいと思いました。彫刻の龍の絵がほってあり、思わず息をのんでしまいました。こんな貴重な体験ができて私はうれしく思っています。本当にどうもありがとうございました。

 本石区の皆様へ
 この前は修学旅行で私たちのために時間を作って屋台のことを教えてくださりありがとうございました。私は普段乗れないところにのったのがとても楽しかったし屋台の歴史が学べてとても勉強になりました。私も機会があれば太鼓をたたいたり、綱を引いたりしてみたいなと思いました。最近は寒くなってきたので寒さ対策をしっかりとして健康にお過ごしください。

 妻沼聖天様の皆様へ
 11月20日の修学旅行では私たちのためにご協力いただきありがとうございました。私が一番心に残った場所はあの素晴らしいほりの飾りです。写真で見るより迫力があり、きれいでした。修学旅行は無事大成功しました。本当にありがとうございました。

 妻沼聖天様へ
 11月20日は聖天様の本殿などをみせてくださいありがとうございました。僕は聖天様をみてすごくきれいでさすが国宝だなと思いました。また、歴史やどうやって建てられたかなどもよくわかりました。このことから妻沼聖天様が僕のほこりを持てるものになりました。本当にありがとうございました。

 熊谷女子高校様へ
 私たちの修学旅行に協力してくださりありがとうございました。おかげで無事成功させることができました。熊女の先生方が案内や説明してくださったとき「熊女に入りたい」と思ったことがあります。それは「尊重しあう人間関係」です。人のよいところを見つけあうことができたたいじめなどがないと思うからです。もう一つあって食堂で「チーオム」を食べたいです。貴重な時間を使って私たちに熊女の魅力を教えてくださりありがとうございました。

 熊谷農業高校の皆様へ
 熊谷農業高校のみなさま、私たちのために時間をとっていただきありがとうございました。学校に入るときあいさつをしていただいてほっとしました。梅澤校長先生、茂木教頭先生の熊谷農業高等学校のすごいお話や面白くて笑ってしまうお話をしていただき、熊谷農業高校のことが知れました。また、熊谷農業高校の皆様がくださった「熊農アイス」「梅ジャム」「いちごジャム」とてもおいしかったです。
 私たちの修学旅行のために時間を使っていただきありがとうございました。とてもたのしかったです。

 熊谷高校の皆様へ
 今回の修学旅行のために大切な時間を使ってくださりありがとうございました。ぼくはこの修学旅行で熊谷高校に言ってよかったなと思いました。ぼくが熊谷高校にいって一番心に残っているのは実験です。生徒さんたちの貴重な時間で実験を見せてもらったのでちゃんと二酸化窒素やそれを温めたりするとどうなるのかをメモしてもおきました。なのでその実験を将来に生かせるようにしたいなと思いました。僕は前から熊谷高校に入りたいなと思っていました。なので入れるように頑張ります。

 荒川中学校の皆様へ
 今回私たちのために学校見学をさせてくれてありがとうございます。荒川中学校のことが知れてよかったと思っています。私は受験をするのでこの近くの学校は見なくていいなと思っていました。ですが荒川中学校を見学をして素晴らしいなと思いました。そして授業中の様子をみせてくれてありがたかったです。特に高校受験を控えている中3の教室です。忙しく勉強に追われているのに私たちを教室の中にいれてくれたので必死さがわかりました。荒川中学校のことを教えてくれて、またクールマスクをくれてありがとうございます。マスクは大事に使わせていただきます。

 大原中学校様
 先日は大原中学校の先生方で僕たちに大原中学校の学校説明をしてくださりありがとうございました。大原中には様々な行事や面白い校舎の特徴があることを知り驚きました。例えば1年と3年の校舎には石原小のような長い廊下がなくクラスの間がベランダでつながれていました。また、体育館が2階建てで1階は剣道部、卓球部の練習場所になっていることも石原小よりすごいと感じました。一方校長先生や教頭先生は、明るく頼りがいありそうでした。先日は僕たちの「新しい修学旅行」に協力してくださり本当にありがとうございました。

12:07 | 投票する | 投票数(11)

情報教育 その4 「その情報はただしいの?」

情報教育第4弾です。

 一緒に考えてください。
 第4回目「その情報は正しいの?」
インターネット教習所その4.pdf

1.テレビの放送は全て正しい  × テレビの情報がすべて事実を伝えているわけではない
               間違っていてののちに訂正されることもある
               「やらせ」といわれる大げさな表現や事実を作ってい
                ることもある
2. インターネットの情報は全て正しい × インターネットのはだれでも配信すること
                     ができる。誰が書いたかわからない匿名の記事や映像がある。

3.コマーシャルの情報は大げさにいうことがある  〇物を売るためにはよいことを中心にいうことがある。音楽を使ったり、いいところだけを伝えたりすることがある。
 

情報教育 その3「情報はとりもどせない」

情報教育第3弾です

 一緒に考えてください
 第3回目 「情報は取り戻せない」
 インターネット教習所web3.pdf


①写真をネットにのせるとたくさんの人に配れる。

○ ネットにのせると一気にコピーされて拡散することがあります。
  見ている人にはほぼコピさーれます。ですからたくさんの人に配ることができます 

 ②「よい」とおもって写真をネットをのせることを「いやだ」と思う人がいる。
○ います
  写真を他の人にみられると嫌だと思う人がいるのは当然です。
  見知らぬ誰かに写真を配られていい気持ちではありません。
  自分がよいからといってなんでもネットものせることは良いことではありません。
  かならす相手に承諾「のせていい?」と聞いてそのリスクがわかって「いいよ」
  といったらのせることができます。


 ③ネットにのせた写真はもう消すことはできない。
○消すことはできない
   情報はものと違ってコピーされやすいです。特にネット上に載せたものはすぐにコピーされます。
   相手の端末にはいった写真を特定して消すことは難しいです。他人がみられるということは
   その時点でコピーされているのです。発言したことを相手に「わすれて」といってももう忘れられないとの同じです。
   紙に書いた文書はとりもどすことはできますが、相手が読んでしまうと記憶から消すことができません。
 

情報教育 その2「情報は人が作っている」

情報教育第2弾です

一緒に考えてください。
第2回目は「情報は人がつくっている」
インターネット教習所web2.pdf
答え

①人の話は、かならず正しくつたわる。 ×   変わってしまうことがある
②人によって話が違うのは情報は人が作っているからである。〇 
 ③人は話を作って伝えることがある。〇

次回は25日の予定です。 第3回 「情報は取り戻せない」
 

情報教育 その1「情報ってなに?」

校長から情報モラルの教材を発信します。
子供たちといっしょにかんがえていければと思います。

情報教育とは、情報や情報機器を使うときに必要な教育です。
3年生から6年生を対象としています。はじめはこのような形で発信します。
だんだんグレードアップしていこうとかんがえています。

第1回目は 「情報って何?」
インターネット教習所web1.pdf



答え
①情報は音でつたえるものである                          × 音だけなく 映像や文字もある

②テレビにハムスターが映っていますテレビの中にハムスターはいません。 〇 生きているハムスターはいない。 

③キャンプは「楽しくない」と言われたら本当に楽しくない。     ×一人の人が楽しくないといっても行ってみないとわからない。

次回は17日の予定です 第2回「情報は人がつくっている」


 

石原小のプロジェクト(学力・ICT活用・地域とともにある学校)

石原小のプロジェクト


1 運動会web配信プロジェクト(ICT活用・地域連携)10月2日完了
2 新しい修学旅行プロジェクト(地域連携・ふるさと学習)12月まで
3 コロナ対策学校行事代替プロジェクト 林間学校・遠足等 11月いっぱい

4 学力向上プロジェクト(県教委)令和4年3月まで
5 GIGAスクール先進研究校プロジェクト(市教委 ICT活用)令和2年度いっぱい
6 石原学プロジェクト(地域連携)令和5年度まで)
7 まなプロ(総合教育センター・リコージャパン ICT活用)令和2年度
8 コロナ対策学校創造プロジェクト コロナ終息まで
 

ご挨拶

  
リボーン「強く正しく睦ましく」を実践する第25代校長
                        関根達郎

 令和2年度は新型コロナウイルス関連でいつもとは違うスタートになりました。新しく校長になりました。関根達郎です。
 3月の初めから休校していた学校が再開を前に、緊急事態宣言となりました。
緊急事態宣言が解除された後の学校は今までとは違う新しい学校の生活様式を身につける学校です。そして、学校は、「楽しく学力を身につけるところ」「思い出を作るところ」です。保護者のみなさまにおかれましては、不安な状況でありますが、職員一同感染防止おこなうべく精いっぱい準備をいたしました。完全に収束までの間、連絡につきましては学校メール そしてこのHPを通じて行って
まいります。ホームページを通じて学校と家庭がつながっていければと考えております。
 そして、新しい学校を一緒に創っていきましょう。どうぞよろしくお願いします。
 登校・来校の際は、検温マスク手洗いのご協力をお願いします。
 今年度も、保護者、地域の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
                                 令和2年5月31日