新着情報(どこかのページは毎日更新)

 RSS

石原小キャラクター完成

平成29年9月30日(土)運動会にて石原小のキャラクターが誕生しました。
名前は「いしわラッコ」です。よろしくお願いします。
 
 全校児童にデザインの募集をし、最終的にはいくつかのデザインを組み合わせました。体は石でできており、ラッコがベースのデザインです。大好物のホタテ貝は、防犯ベルになっています。笑っている「石」・「原」の漢字を両手に持っています。
 どうぞ、よろしくお願いします。
 

お知らせ

すぐメール登録
 すぐメールの登録方法を上記バナーに新設しました。まだ、登録がお済みでない方や、兄弟姉妹のいらっしゃる方で、お子様すべての学年で登録がお済みでない方は、早急に登録をお願いいたします。
 今年度、個人情報保護の為、学級連絡網を廃止しましたので、メールの登録をお願いいたします。
 

平成28年 文部科学大臣表彰

 

オンライン状況

オンラインユーザー9人
ログインユーザー1人

カウンター

COUNTER705285

アクセスカウンター(~H28)

1220333

彩の国教育の日

お知らせ

GIGAスクール構想は、文部科学省が進めている日本全国の学校で行うプロジェクトです。

文部科学省 GIGAスクールのページ

 令和2年6月22日 熊谷市教育委員会から「令和2年度GIGAスクール構想先進研究校」の委嘱を受けました。
 学校では、学校予算で購入したタブレット40台と借用している44台計84台のタブレットとパソコン室のPCを使って、授業への導入、児童の学力向上のための研究を行っています。
 

ギガスクールに向けて

ギガスクールに向けて
2020/11/08

第2回 研究授業では、、

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
 ただいま11月26日の第2回 GIGAスクール構想研究授業にむけて準備しています。

1  ノートを写真にとって共有する算数授業
2  図を操作して立式させる算数授業
3  考えを出し合いドリルも行う算数授業
4  考えの見える化を図る道徳授業

 この4つの授業を考えています。
20:26 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/11/06

第1回 9月1日のGIGAスクールの授業発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
 9月1日 学力向上プロジェクト訪問で埼玉県教育局義務教育指導課の先生が授業を見に来られました。そのときに本校で取り組んでいる授業を見ていただきました。
 現在は 第2回の研究授業(11月26日)にむけて取り組んでいます。

 9月1日の授業は 6年算数「円の面積」です。

導入でデジタル教科書を見せて、円の面積の公式を導き出します。テンポ良く進めます。

問題解決学習は行いません。集団解決で進めて行きます。後半の授業に時間を使います。


ドリルソフトを立ち上げます。半径が出ている問題 直径から半径を出して公式に当てはめる問題 半円 1/4円とレベルアップしていきます。ドリルソフトは自動採点です


個別指導していきます。小数のかけ算による計算力の差をうめ、全員が参加できるように計算は電卓使います。

ドリルソフトが終わったら人から 紙ドリルに進みます。紙ドリルの〇付けは教員が行います。教員は2人体制で進めます。


評価をしながら、個別指導していきます。


紙ドリルが終わった人は、さらに難しい問題に進みます。複合した図形です。ドリルソフトになります。

教員用タブレットは誰が進んでいるかを見ることができます。さらに個別指導をしていきます。

本時のまとめと振り返りを行います。
18:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/16

今日の接続率

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
今日も2年生でメタモジクラスルームを行いました。
接続率 当初は100%ですが
アクセスポイントから離れたところの2台がつながらなくなりました。

アクセスポイントを前の電子黒板の上に置いてありましたが、授業が始まると後ろ右の2台がつながらなくなりました。
代替え機で対応しましたがそれでもまだ順調ではありませんでした。そこでこんどは教室の中心に持っていきました。
その後不調が続いていましたが31台中2台がうまくいきませんでした。 もう少し検証を重ねていきたいと思っています。

 100%→ 92% はじまって5分後 

 92%つなげることができました。一人一台時代ではこれでも大変です。
 
 業者のみなさんの努力が必要です。授業関してはまだまだ課題がありますが

以下のことがわかりました。

授業のながれ
 二桁同士のたし算 ひき算の計算を行う

 1 012345 のカードをつかってひっ算を作る。

   25
  +13

 2 これを各自 タブレットでやってみる。
   タブレットに手書きして入力する
   できた児童はその結果を映し出す。

 3 425
  + 13
  
   4が加わったものもやってみる。
   タブレットで書き込み 全員がやったものを教員が丸付けをしていく タブレット上で
   できたら 〇ボタンを押すと 画面上に青く表示される わからなかったら?を押すと 赤く表示される
   二人の教員で児童の回答をタブレット上で確認し 〇をつけていく

 4 できた児童に説明をさせる。
   タブレット上で書き込んだものはほかの児童にもみることができる。
   指すというボタンを押すと 書かれたものが一定時間で消えていく
   自分の画面に描きながら説明するので見ているほうはわかりやすい
 
 5 練習問題を進める
   同時に 2人の教員で丸付けをしながら進んでいく

 6 途中で間違い例を示し、全員で修正する時間をとる

 7 振り返る。
 

本時のタブレットの課題は 「たし算とひき算のひっ算。」の問題を出したところ
・タブレットの画面が小さいので子供が画面を指で広げてから大きくしてから使っている
・複数ページを使うと複数にまたがって表示はできない
・先生ページの書き込みが、自分の書き込みと全く重なってしまうことがある。
・指では書きづらいことがある 



 成果として
・タブレットは単なるノートとは違い、教員、児童同士でつながっている。いつでも書いた答えをとりだして説明させることがある。
・また、自分の解き方を説明する時もペンを使って説明したりするために、全員によく情報がいきわたる。
・紙のノートに比べて集中力が続く
等があげられました。これから検証しながらよりよい研究を進めていこうと考えています。
12:44 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2020/09/14

本日の接続状況 9月14日

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 月曜日 本日の授業の状況と接続状況をお知らせします。
今日は算数でメタモジクラスルームを利用しました。
接続率は、ほぼ100%となりました。金曜日に接続設定を調整してもらった結果です。

3時間目 2年2組(二桁の足し算のひっ算)


市教委の先生、地元市議会議員の先生も見に来てくださいました。

また、ドリルソフトは 6年3組 2年4組 6年4組で利用しました。
こちらはやや立ち上がりが悪かったですが、立ちあがってからは順調でした。

2年4組
こちらは 児童ははじめて、先生も初めてで使うことができました。
児童の操作は簡単です。
14:04 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/09/11

今日の接続率

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
今日も 2年生のメタモジを行いました。
今日はスタートからつながりがよいです。
31人で授業をしています。
昨日の夕方業者さんが設定をしてくれて そのせいで調子が良いです。

かなりつながっています。
しかし少し時間がたつと つながりが悪くなってきます。WIFI26台中5台つながらなくなってきました。ネットワークがつながらなくなったり、読み込み中のものがでたりしています。

予備のと交換しますが、次から次へつながらなくなります。調整してはわたし、調子が悪いのを直しまた渡します。


画面の中で ペンの表示がでないのもでました。

エラーも発生しています。これは立ち上げなおしです。

つながっていないのは暗い表示なります。
39台で回しながらなんとか31人で動かしていました。
どうにかタブレットを使っている時間はとれましたが、不良のものを交換していると
子供が集中して使えませんでした。

LTEのモデルでもうごきがわるいのがありました。

WIFIモデル26台中 約15台が正常に動いていました。
今日の接続率は60%というところでした。前回は15%なので今度はすこし
使える感じになりました。それでも子供たちにつかうにはまだ不安が残ります
接続させているだけで終わってしまいそうです。

さらに業者の人と相談をしました。
15:34 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2020/09/09

WIFIの課題

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
今日は2年生でもタブレットを使った授業をしました。授業支援ソフトメタモジクラスルームです。今日は初めてです。

でも子供たちはすいすい使えます。操作方法は心配ないのです。
そしていざ動かし始めるとここで課題です。
 
 WIFIがつながらない機種が出ました。必死につなぎなおしたり、再起動したりしました。
でもつながりません。13台のLTEは問題なくつながっていますが、本日のWIFIは4台/26台中
という結果でした。つながっていたものもつながらなくなりました。こうなると教師の手には負えません。
子供たちもややがっかり「タブレット楽しみにしてたのに」という声が聞こえました。
担当の先生も困っていました。これがGIGAの課題です。立ち上げなおしたり、設定をし直したりしていたら
授業は進まないのです。ここで専門的な人が必要です。教員は子供に集中しなくてはならないのです。

 午前中の5年生の授業も ポケットWi-Fiが途中で切れてNHK for スクールがみせられませんでした。
「PCにはトラブルがつきもの」なのです。それを冷静につなぎなおすほど時間や余裕はありません。子供たちを前に
教員は授業をしなくてはならないのです。この課題は何としても解決しなくてはなりません。そのためにも
バックアップ体制が必要です。pc環境を設定できるサポートが必要です。



せっかくのソフトもWIFIがつながらないと全員がつながりません。WIFIの脆弱さなんとかならないのでしょうか
LTEの通信料金の高さ なんとかならないのでしょうか。


初めてのタブレット授業でも つながっているパソコンでこのような授業ができます。子供たちの学びもより楽しくなります。
だからこそ WIFIのつなぎをしっかりできるように業者の方にお願いしたいです。
17:17 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2020/09/09

6年生「円の面積」

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
6年生算薄「円の面積」でドリルソフトを使いました。
9月1日 6年2組で先行実施しして、その後6年各クラスで使ってみました。
1 つながり方・動き
 それぞれが無線でサーバーにつながっていますが調子は良いです。
 
2 ソフトの利用法 
   ・半径10㎝の円のピザと半径15㎝の半円のピザの面積を比べる。
   ・授業の前半に公式の求め方を勉強します。
   ・円の公式(半径×半径×31.4)を用いて円の面積を出す。

   


 ・タブレット
   
 ドリル問題ステップ1 半径がわかっている円
         ステップ2 直径がわかっている円 直径から半径をだして(直径÷2)面積を求める。
         ステップ3 半径がわかっている半円    
         ステップ4 直径がわかっている半円
         ステップ5 半径がわかっている1/4円
     ドリルソフトで行う。自動で採点する。できなかったら戻る 
・紙ドリル タブレットでドリルが終わったら紙ドリルを進める

・躓いている子には教員が指導する

・個別指導を行う
 
・タブレット 複雑な円の問題のドリルをやる。

・授業の振り返り

3 成果と課題
 ・児童はすぐにできる、教員は使い方がわかれば効果的に活用できる。
 ・個人差をすこしでも解消することができる手立てになりうる。
 ・個人の把握ができるように機器の使い方を習熟する必要がある。
 ・ルーターによるつながりはよいが インターネットではまだ実験していない
  WIFIによるインターネット接続にはまだ課題がある。


09:44 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/08/08

ギガスクールに向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
今子供たちに一人一人に1台の端末で学習することを目指した構想が「ギガスクール構想」です。学校ではすこしずつ導入に向けて準備をしています。

 1 通信回線
  パソコン単体でがくしゅうするのではなくインターネットとの通信が必須なのがギガスクールです
  通信回線には無線LANが必要です。
  電話回線(LTE)でもできます。
  どちらかの方法を使います。

  ・無線LAN(WIFI)のためには学校内に配線がないと準備できません。
  今、実験のために仮の回線を「おやじの会」の方々に引いていただきました。
  6年生のところだけはあります。

  ・LTE 電話回線のことです。今年学校の教材費で13台のタブレットを買いました。
  通信費が多くかかるために13台だけしか買えませんでした。

 2 端末
  ・アンドロイド端末 タブレット 39台
  端末は現在、今年の教材費で13台買ったものがあります。これは教員が今使って
  電子黒板に映したり、授業の動画を撮ったりしてつかっています。
  さらに26台買いました。これはWIFIモデルなので WIFI環境がないと
  使えません。
  ・ウインドウズ端末 PC 39台
  11月まで実験のために、借りたものがります。ドリルをおこなうための端末です。

 3 ソフト
  ・共同学習用のソフト メタモジクラスルーム スカイクラス
   授業で教員が子供たちに教材を見せたり。子供たちの答えを収集するための
   ソフトです。
   実験のために 借りています。
   現在2種類あります。 
  ・ドリルソフト ジャストスマイルドリル
   算数やその他の問題ソフトです。自動的に採点してくれます。まだ実用化に向けて授業に
   どう取り入れるかを検討するために借りています。

 4 電子黒板
   熊谷市から支給された電子黒板とPCのセットが12台あります。今は全クラスで交替で使っています。
   デジタル教科書を映したり、具体物を映したりしています。足りないところは、ご家庭から寄付された
   液晶テレビを活用しています。


 ・今後の展開
  ドリルソフトをすこしずつ活用していきます。
  授業支援ソフトを活用していきます。
  運動会のweb配信を各クラスで行えるようにします。

 全校ですこしずつ、進めて行きます。課題がたくさんありますがすこしずつ解決しながら進めて行きます。
 ・課題
  30台以上が一度につながったときに動くのか
  子供たちの操作のこと
  PCやタブレットの性能が十分か
  ネットにつながらなかったらどうするか
  黒板ノートの授業からどうやって移行していくか
  
 すべてがPCやタブレットで授業するわけではありません。実習や実験、話し合いは当然やっていきます。
「デジタル機器と対面授業や実習のできる学校」これが重要です。人間関係や実体験は小中学校でしっかり学習
することが大切です。

 デジタルとアナログのバランスやPCの学習のよさを上手に取り入れないと学習効果があがりません。教職員も研修しながら
 すすみます。


 大きな課題は
 「PCの調子が悪いときだれがPCの調整をするのか」です。

 教員は子供たちの教育に当たっているためにPCの調子が悪かったり、壊れたりしたとき、子供がパソコン操作でこまっているときに、教員は授業を中断して、そのパソコンの修理や調整ができないことです。
  導入に向けてこれが一番の問題です。

  機械だけで導入してもこの問題は解決はしないのです。それも含めて子供たちのための環境を作っていきます。コロナ対策も進めます。ギガスクールも進めます。ギガスクールはまだまだこれからが大変ですが、十分考えていきたいと思っています。
 



くわしくは以下のサイトにあります。

文部科学省 GIGAスクール構想の実現
https://www.mext.go.jp/content/20200625-mxt_syoto01-000003278_1.pdf


10:33 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)

プログラミング教育に関して


2020/09/17

5年生のプログラミング

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

5年生は算数「偶数と奇数、倍数と約数」の学習として
プログラミングに挑戦しました。

「グラミン」というソフトを使って、3の倍数を読み上げたり
3の倍数と5の倍数の時だけ他の言葉を話したりするプログラムを作りました。

5年生が意欲的にプログラミング授業にチャレンジしています。
新しいPCでスムーズに動いています。
16:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

カウンタ

COUNTER3691

第2波対策として

今後 第2波が来た時には各学年のページを中心に
休業中同様にオンライン授業を展開します。

 1 テレビ会議システムをつかって学年別の授業を行う準備をしています。
 2 プリントと動画を活用して授業は進めます。
 3 ホームページを活用して学習を進めます。 各学年ログインして進めます。